[スマホ・タブレットとずっと一緒!]持ち運びにピッタリなプリンストンの『タッチペン nano ss』を使ってみたのでレビュー!

こてつ@Shihainin0710 です。

今回は『タッチペンnano ssのレビュー』について書きます。

 

こてつ

出先で絵を描いたり文書を書く時にタッチペンが有ると便利ですよね!ただ、普通サイズのタッチペンだと持っていくのを忘れることってありませんか

 

バッグやポケットなど、スマホやタブレットと別々に持ち運ぶとしても、持つバッグを変えた時にタッチペンを入れ替えるのを忘れるということもありますよね。。。

そんな時に自分は、「忘れた・紛失したを回避するために、スマホと一緒に持ち歩けるタッチペンが欲しい!」と思います。

 

そんな時に見つけたのが、プリンストン社がだしている『タッチペン nano ss』という商品です。これなら忘れた・紛失したを回避でき、いつでもどこでもタッチペンを使えます!また感度も良くて滑らかです。

ねこ亀

 

今回の記事は以下のような方におすすめです。

  • 家だけでなく出先でもタッチペンをよく使う
  • スマホと一緒に持ち運べるタッチペンが欲しい
  • バッグ等にタッチペンを入れていると、たまに持っていくのを忘れる

 

そんな方は是非とも今回の記事を読んでみて下さい。

 

 

1.プリンストンの『タッチペン nano ss』の特徴

 

 

タッチペン nano ssの特徴は以下の通りです。

ねこ亀

  • ペン先にカーボンナノチューブが採用されており、高い耐久性・感度と滑らかな書き心地を実現
  • 使用時には持ち手を伸ばすことができ、収納時はコンパクトになる
  • イヤフォンジャックピン付きなのでスマホやタブレットと一緒に持ち歩ける

 

こてつ

プリンストンの『タッチペン nano ss』は最先端のナノテクを駆使し、持ち運び性と機能性の両立を実現したものと言えます!

 

ちなみにイヤフォンジャックピン付きですが、自分はスマホケースのストラップと一緒にしています。

(自分のスマホだと、イヤフォンジャックが上側にあるので)

 

製品仕様の詳細はプリンストンの公式サイトも参照ください。

 

スマートフォン&タブレット用タッチペン”nano”

 

 

2.持ち運びに便利なタッチペンが欲しかった背景

 

 

こてつ

僕がプリンストンの『タッチペン nano ss』を買った理由は、電車やバスの中等いつでもどこでもサッと使えるタッチペンが欲しかったからです。

 

個人的な事情なのですが今住んでいる所から引っ越すことになり、それに伴い電車・バス通勤となる上、通勤時間も少し長くなります。

なので通勤のスキマ時間を効率良くブログ下書きの時間などに使うために、今持っているものとは違って「スマホと常に一緒に持ち歩けるタッチペンが欲しい」と思っていました。

 

タッチペンを使うと、手よりもフリック入力時のミスを少なくできます。ただバッグなどに入れていると忘れることもあるし、電車やバスの状況によってはバッグから取り出せないこともありそうです。。。

そんな時に見つけたのがプリンストンのタッチペン nano ssです。持ち運び重視なのでサイズは小さいですが、使い心地はむしろシリコンゴムのタッチペンよりも滑らかで良い感じです。

ねこ亀

 

 

3.プリンストンの『タッチペン nano ss』のメリット・デメリット

 

 

①タッチペン nano ssのメリット

こてつ

タッチペン nano ssを使用してみて感じたメリットは以下の通りです。
  • キャップが固く締められており、紛失防止になる
  • 動きが滑らかで感度も良い
  • シリコンゴムのような摩擦を感じない

 

見た目は小さいタッチペンですが作りはしっかりしていて、キャップが簡単に外れるようにはなっていません。
逆に言うと開閉時に少し力が必要ということですが、紛失してしまうような脆さではないともいえます。

 

こてつ

またペン先にカーボンナノチューブを採用しているためか動きが滑らかで感度も良く、シリコンゴムほど摩擦(キュキュっとした感じの引っかかり)を感じませんでした

 

②タッチペン nano ssのデメリット

こてつ

一方で、タッチペン nano ssを使用してみて感じたデメリットは以下の通りです。
  • ペン先が丸いため絵を描くなどの細かい作業にはあまり適さない
  • 耐久性にやや不安

 

この見た目の通りペン先が丸いので、実際に使ってみるとペン先周辺が見えなくなります。。。

 

細かい作業が多い方は、ペン先の細い『アクティブスタイラスタッチペン』の方がおすすめかもしれません。

 

 

こてつ

耐久性については僕自身まだ使い始めて数日なので分かりませんが、タッチペン nano ssの旧世代品の口コミを見てみると耐久性に関して不安なコメントが目立っていました。

旧世代品の口コミの耐久性についての口コミは以下のような感じです。

 

ただ、今世代のタッチペン nano ssについての口コミには『前よりも耐久性が改善された』と書かれていたので、もしかしたらデメリットではなくなっているかもしれません。

ここは使い続けてみてからの判断となります。

 

以上のメリット・デメリットから判断すると、プリンストンのタッチペン nano ssは持ち運び性と滑らかさを重視している方に特におすすめと言えそうです。

ねこ亀

 

 

4.こんな人にプリンストンの『タッチペン nano ss』はおすすめ!

 

 

タッチペン nano ssは、以下のような方に是非ともおすすめです。

ねこ亀

  • 出先でタッチペンを使う機会が多い
  • 別々よりもスマホやタブレットと一緒に持ち歩いていたほうが安心できる
  • シリコンゴム製のタッチペンが使いにくく感じる

 

こてつ

実際にタッチペン nano ssを使用してみた方の感想が以下の通りです。

 




5.持ち運びも使い心地も良いタッチペンを常に携帯できる安心感を是非!

 

 

最後に、『タッチペンnano ssのレビュー』についてまとめます。

  • プリンストンの『タッチペンnano ss』は持ち運び性バツグン
  • ペン先のカーボンナノチューブで感度と滑らかさもGOOD
  • 持ち運び性と動きの滑らかさを求めている方にはおすめのタッチペン

 

こてつ

タッチペンをよく使うけど、出先で忘れたり紛失するのを避けたい方プリンストンの『タッチペンnano ss』で安心してください!
いつでもどこでも滑らかな書き心地を実現したのがプリンストンの『タッチペンnano ss』ではないかと思います。

ねこ亀

 

amazon等の通販サイトだと、公式サイトより少し安くて1000円以下で買えるみたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です