1日を台無しにしないための朝の習慣として、ゼロ秒思考のメモ書きを取り入れるべし

こてつ@Shihainin0710 です。

今回は『1日を台無しにしないための朝の習慣』について書きます。

朝の行動によってその日の過ごし方が変わってしまうので、朝の習慣というのは重要です。充実した1日を過ごすためにも、朝も気持ちよく過ごしたいですよね?

こてつ

朝の目覚めが良くないとそれを会社でもずっと引きずり、その日はなんだかモヤモヤしてすっきりしない1日になっちゃいますよね。。。
今回の記事では、ゼロ秒思考のメモ書きを朝の習慣に取り入れることで1日を無駄にさせないということを書いていきます。

ねこ亀

 

今回の記事は以下のような方におすすめです。

  • 朝活をしたいと思っているが上手くいかない
  • 朝はいつもスッキリ目が覚めず、会社でも生産性が向上しない
  • 早起きできてもダラダラと過ごしてしまい朝活が出来ない

 

そんな方は是非とも今回の記事を読んでみて下さい。

 

1.エンジンがかからず1日を台無しにする朝の習慣は何か?


こてつ

朝をどう過ごすかでその日の充実さが決まりますが、『1日を台無しにする朝の習慣』がどんなものかはご存知ですか?

 

Forbesジャパンというサイトの記事で『1日を台無しにする朝の習慣』が6つ書かれていますので読んでみて下さい。「あー。これやりがちだわ。。。」って感じるのが1つは見つかると思います。

 

一日を台無しにする朝の習慣6つ

 

上記の記事内で書かれている『1日を台無しにする朝の習慣6つ』のうち、特に朝からエンジンをかけられず1日を台無しにする習慣もありそうだと考えました。

ねこ亀

 

そこで自分が考えた、特に1日を台無しにする朝の習慣は以下の3つです。

  • スヌーズボタンを押す
  • 朝の準備時間を無駄に過ごす
  • 睡眠を軽んじる

 

①スヌーズボタンを押す

スヌーズボタンを押して「あと少しだけ寝る」ということを習慣づけていては、ダラダラとした目覚めになってしまいます

ねこ亀

その日を充実した1日にできるかどうかは、朝の目覚めの良さで決まってしまうのではないでしょうか?

設定した時間通りにパッと目覚めて1日をスタートさせたいものです。

②朝の準備時間を無駄に過ごす

こてつ

たとえ早く起きれても、有意義なことに使えなければ意味がないと思います。漠然とテレビを見たりSNSを眺めているのはもったいないです!

なので、朝早く起きて何をするか?何を準備したらいいか?は事前に決めておきたいです。

朝の準備を早く済ませたら将来に向けて勉強したり読書をしたり、自分の体型が気になるなら早めに家を出て徒歩で通勤するのも良いと思います。

③睡眠を軽んじる

当然ですが、睡眠を十分に取らなければ気持ちよく朝目覚めることは出来ませんし、あなた自身の生産性も大きく低下してしまいます

ねこ亀

「徹夜してやり込むぞ!」なんて意気込んでしまうと、その時は良くても次の朝から調子が悪くなり、それを補うためにまた睡眠を削るという悪循環が生じてしまいます。

 

このように、特に朝からエンジンをかけられず1日を台無しにする朝の習慣は以下の3つだと考えています。

  • スヌーズボタンを押す
  • 朝の準備時間を無駄に過ごす
  • 睡眠を軽んじる

 

こてつ

朝からエンジンかけて1日を充実させるには睡眠の質を良くして朝スッキリ目覚めて、やることもあらかじめ決めておくべしと。そうはいっても継続するのは難しいですよね。。。
この3つの朝の習慣を克服し、朝からエンジンをかけ続けるために『ゼロ秒思考のメモ書き』が役に立つのではないかと考えています。

ねこ亀

 

 

2.朝の習慣としてのゼロ秒思考のメモ書きは、充実した1日へのエンジンをかける効果が!

 

ここからは『朝の習慣としてのゼロ秒思考のメモ書き実践方法』について書きます。

ねこ亀

ゼロ秒思考については以下の記事を参考にしてください。

 

>>ゼロ秒思考のメモ書きを5日間実践してみて思うこと[だらだらしちゃう毎日を改善したい!]

 

実践方法と書きましたが非常に簡単です。用意するのは紙とペンだけです。

こてつ

何を書くかですが、僕の場合は「朝起きた時の気分」、「今日の簡単な予定(会社で何をするか?)」、「帰宅後何をしたいか?」などを書いています。

 

書くことは『自分が今考えていること』なら何でもいいです。

ゼロ秒思考のメモ書きを朝にやる目的は『朝から集中する状態をつくること』です。

朝起きてすぐにゼロ秒思考のメモ書きを実践すると、起きてまだ眠気が残っていてもダラダラすることなく集中できるようになり、1日を充実させることが出来ます

ねこ亀

 

朝活を始めたいけど実行に移せないという方も、ゼロ秒思考のメモ書きから始めることで集中力を維持したまま朝活が出来るようになります(*‘∀‘)

こてつ

睡眠を十分にとっていてかつゼロ秒思考のメモ書きを朝実践すれば、朝から集中力をつくることができ、集中力が続いた状態で1日を始められます!。

 

睡眠を十分にとれない方は、寝る前にスマートフォンを触らない、寝る前に食事をとらない、寝る前にお酒を飲まないということを意識して実践してみてはいかがでしょう?




3.ゼロ秒思考のメモ書きをすることで、朝から集中力を爆上げできる!


 

最後に、『1日を台無しにしないための朝の習慣』についてまとめます。

  • 朝からエンジンかけて1日を充実させるにはゼロ秒思考のメモ書きから始めるべき
  • ゼロ秒思考のメモ書きをすることで集中力が生まれ、集中した状態で1日を始められる
  • 睡眠の質を改善したいなら、寝る前の行動に気を付ける

 

こてつ

僕は朝にゼロ秒思考のメモ書きを始めたことで起きてからの集中具合とスッキリさが変わりました
紙とペンがあればすぐに実践できるし、あなたの生活を大きく変えてくれるものなので、朝からぼーっとしていて1日は充実しないという方はゼロ秒思考のメモ書きを試してみて下さい

ねこ亀

 

朝に限らず、ゼロ秒思考のメモ書きはあなたの日常全体を変えてくれます(*‘∀‘)

参考記事:世界一シンプルな頭の良くなるトレーニングである『ゼロ秒思考のメモ書き』が、あなたの日常を変える![管理人の日常を例に説明]

 

ゼロ秒思考についてより詳しく知りたい方は、赤羽雄二氏 著の『ゼロ秒思考』の本がおすすめです

ゼロ秒思考の概念やメモ書きの方法について詳しく書かれています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です